MENU

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛の説明

【医療レーザー脱毛】とは、メラニン色素に反応するレーザー光線によって毛根に存在する毛母細胞の組織を破壊し、脱毛する方法です。

 

1回のレーザー照射で11~1.5cmほどの範囲を脱毛することができ、毛周期に合わせて4~8週間ごとに通院し、施術を受ける必要があります。

 

「医療用レーザー脱毛」は医療機関でしか取り扱いができない高出力のレーザーのことを指します。

 

高出力のレーザーを照射するレーザー脱毛というのは、基本的には医療機関以外での施術は出来ません。

 

厚生労働省からも「レーザー脱毛は医療行為である」という発表されています。

 

医師免許がなければ脱毛はできないので、【医療レーザー脱毛】と呼ばれています。。

 

エステサロンにおいては、高出力のレーザー脱毛行為は行えません。

医療レーザーに使用される機器

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛では、「アレキサンドライトレーザー」「ライトシェアデュエット」「メディオスターNext Pro」と呼ばれる脱毛治療機器が使用されます。

 

クリニック別に使われている機器

  • 湘南美容外科クリニック;「アレキサンドライトレーザー」「メディオスターNext Pro」
  • クレアクリニック   ;「ライトシェアデュエット」「メディオスターNext Pro」
  • シロノクリニック   ;「アレキサンドライトレーザー」

 

「アレキサンドライトレーザー」の特徴

アレキサンドライトレーザーは、定番脱毛機器とも言っても良いほど、各クリニックに普及している脱毛機器です。

 

医療用レーザー「アレキサンドライト」は、黒い色に反応するレーザーです。

 

毛根と毛乳頭にある黒いメラニンがレーザーを吸収することで毛根組織を破壊します。

 

そして、「アレキサンドライト」のレーザー光は、毛根のメラニンにのみ反応します。
従って皮膚のダメージは非常に少なくて済みます。

 

また、レーザー照射とともに強力な冷却スプレーを噴射しますので、皮膚の表面をしっかり守りながら、肌を照射できます。

 

アレキサンドライト

 

スポットサイズ(照射するレーザー先の経口サイズ)も従来機種に比べ大きく、乱反射が起こりにくいため、光エネルギーのロスが少ないことが特徴。レーザービームはより深部まで到達できます。

 

また、大口径のスポットは、広範囲のメラニン疾患に対しても非常に効率良く脱毛することが可能となります。

 

ですから、1回のレーザー照射で20~30本の脱毛が可能です。

 

両脇を脱毛する場合には、3~5分ほどで処理が完了します。

 

レーザー脱毛を行う際は、患部を冷却しながら施術を進め、炎症が起こらないようにします。

 

「Light Sheer DUET(ライトシェアデュエット)」の特徴

クレアクリニックが導入している脱毛機、「Light Sheer DUET(ライトシェアデュエット)」は医療メーカーとしても世界でトップクラスの実績を誇るルミナス社が開発した脱毛機です。

  • メラニン色素の多い東洋人の肌や毛質にもっとも効果的
  • 照射口が2.2cm×3.5cmと大きくなっている
  • 痛みを軽減する吸引システムを取り入れている

 

クレアクリニックのレーザー脱毛機器 ライトシェアデュエット

 

「Light Sheer DUET(ライトシェアデュエット)」の3つの特長を活かし、東洋人の肌にあった痛みの少ない脱毛を短時間で提供しています。

 

「メディオスターNext Pro」の特徴

クレアクリニックと、湘南美容外科クリニックが導入しているレーザー脱毛機、「メディオスターNeXT PRO」は、最先端の脱毛機で、ダイオードレーザーを肌の上を滑らすように脱毛するので、肌質・毛質を問わず、産毛にもしっかり照射できます。

 

従来ほとんどのレーザー脱毛器は、毛根を完全に破壊することを目的に作られてきました。

 

最近の育毛研究から導かれた新しい理論では、毛の幹細胞は毛根よりも浅いところにある「バルジ領域」と呼ばれる部分に存在することが分かってきており、毛根を破壊しなくてもバルジ領域を破壊できれば永久脱毛効果が得られることを意味します。

 

メディオスターNext Pro

 

メディオスターでは、1ショットでレーザーが出ている時間を長くし、さらに波長の長いレーザーをブレンドすることで、毛をじわじわと加熱。

 

周辺に存在するバルジ領域をターゲットとして破壊していくという、蓄熱式の脱毛方式が採用されています。

 

色黒の方でも照射でき、とにかく「痛くない」のも特徴の一つです。

 

医療レーザー脱毛の治療の流れ

医療レーザー脱毛は、以下の流れで行われます。

 

  • 麻酔クリームを塗る 体質や部位によって痛みが生じる可能性があります。そのため要望に応じて、麻酔クリームを用います。
  • レーザーを照射する部分の剃毛とゴーグル着用 毛が生えたままレーザーを照射すると、火傷をしてしまう可能性があるため、照射前には必ず剃毛します。またレーザーを直視すると、網膜や眼球が傷ついてしまうことがあるため、目にレーザーが入らないようにゴーグルを着用します。
  • レーザー照射 肌を保護するジェルを塗ってから、脱毛したい部分にレーザーが照射されます。脱毛部位によって照射時間は異なります。照射後は、炎症を抑えるクリームを塗り、必ずクールダウンを行います。

 

医療レーザー治療は、個人差はありますが1年ほどでムダ毛がほぼなくなります。

 

エステサロンや家庭用のレーザー脱毛器に比べて強力な機器が使われるため、高い脱毛の効果が期待できます。

 

脱毛にしっかりとした結果を求める方に、医療レーザー脱毛はひとつの手段です。

 

医療脱毛とサロン脱毛の違い

注意事項

医師が肌(スキントーン、日焼け後の炎症)をチェックし照射が出来ないと判断した場合は
ご来院されても照射をお断りすることがあります。

男女問わず、共通となりますので、脱毛するなら日焼け対策を行うようお願いいたします。

◆直射日光に2週間以内、1時間以上浴びている方(日焼けサロンも×)
・バーベキュー ・海水浴 ・登山 ・運動会 ・プール ・運動(ゴルフ サーフィン 
ウインタースポーツ テニス 野球 サッカー)・スポーツ観戦 ・海外旅行 ・フェス
・その他

【免責事項】


※お申し込みをされる際は、各クリニックのホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。